上から目線にならずに、自信のある話し方をするには?

work8

「渋谷先生は、自信のある話し方をするのに、
他の先生のような上から目線(俺様目線)とか、
押しつけとか、そういった嫌らしさがありませんね。

どうしたら、渋谷先生のように、自信があって
エネルギッシュな話し方をしながら、
それでいて、上から目線ではなく
講義が出来るようでしょうか?」


これは、セミナー講師や
学校の先生、研修講師からの
よくある質問。


自信のある話し方はテクニック。

上から目線じゃないのはマインドだ。

実は、それぞれのポイントは次元が違う。


自信のある話し方、エネルギッシュな話し方は、
仮に心の中では自信が無くても
最初は演技から入れば、身につく。


●胸をはり、堂々とした雰囲気(姿勢)
●大きな声、勢いのあるテンポで話す
●大きな動き

とにかく、これを意識する。

繰り返し何度も、意識しながら、やる。


そうするうちに、イタについてきて、
自信のある話し方はできるようになる。

しかし、上から目線、俺様目線、押し付けに
ならないためには、テクニックだけでは
何ともならない。

これは、マインドの問題だからだ。

●「人と人とは対等である(全ての人は素晴らしい)」
●「どんな人でも、私に学びを提供してくれる」
●「自分の価値観とは違う人間も、できない人間も、
否定的なレッテルをはらないで、理解しようとする」
●「愛、思いやりがある」

普段から、こういったことを本心から
思っていなければ、演技で入っても、ところどころで
上から目線や俺様目線は必ず出てしまう。

上記4点を本心から思っていないと、
「だから、ダメなんだよ、お前らは」
という否定を内心でしてしまい、それが表に出てしまう。

それが、上から目線になる。

自信のある話し方はテクニックからでも入れるが、
上から目線は、マインドからしか入れない。

この記事が気にいったらいいね!してね

 
最新記事をお届けします


cta6
無料動画プレゼントをご希望の方は下記のフォームよりお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)